賃貸住宅の審査に通るコツ

賃貸住宅の審査に通るコツ

賃貸住宅の審査に通るコツ~ 賃貸住宅を借りる時にはきちんと家賃を支払える能力があるかどうか、入居審査が行なわれます。勤続年数が短かったり収入に対して家賃が高すぎる場合には通過するのが難しいケースもあるようです。これから転職をしようと考えている場合には、できれば賃貸契約を結んでから活動を行なうことをおすすめします。一定の収入を確保できるとはいっても、入社前では見込み年収しか分かりません。それまでの実績が使えなくなりますので、契約を結んでから動くのがベストです。
最近では保証会社をつけるケースも増えていますが、その場合でもやはり借主の収入は大事な条件になります。収入面に不安があるとオーナーや大家さんは貸し渋りますので、契約を結ぶ前に転職活動を行なうのは得策ではありません。既に契約書を交わしていて、あとは引越しを待つだけという段階になれば問題ありませんので、そういう予定があるのならしっかりとスケジュールを立てて賢く動くことが大切です。

賃貸の審査は正社員の方が通りやすい

賃貸の審査は正社員の方が通りやすい 賃貸の審査は、職業によって通りやすい人と通りにくい人がおります。無職の方やアルバイトなどの方は通りにくく、逆に正社員などの安定した職業の方などは通りやすいです。
賃貸契約の際に、職業や勤務先の信用情報を公開する方が審査が通りやすくなります。過去1年間の給料明細や源泉徴収票、勤務歴を証明できる書類など、会社員の人は信用に得ることが出来る情報と言えます。もし、転職活動中という方ですでに転職が内定していて、勤務開始予定日等が決まっているような場合等は信頼される可能性が高いです。その場合は内定証明書や内定通知書の提出を求められる可能性があるため、事前に用意しておくことをお勧めします。また、転職を見越して住み替えをする場合も基本的には信用しやすい場合があります。
会社員で特に正社員の方は収入が安定していることでとても賃貸を借りるのにとてもイメージが良いです。ただし、それ以外の職業だから借りられないかというとそうでもありません。しっかり探すことをお勧めします。

新着情報

◎2019/5/20

賃貸を借りる場合の審査
の情報を更新しました。

◎2019/3/6

解約の際に違約金が必要なケース
の情報を更新しました。

◎2018/12/18

保証人不在で審査に通るコツ
の情報を更新しました。

◎2018/10/19

賃貸住宅の審査に通るコツ
の情報を更新しました。

◎2018/8/31

サイト公開しました

「賃貸 正社員」
に関連するツイート
Twitter